占い師名鑑 > 照玉(ショウギョク)

幼少の頃は人間の死期が解ったり、病やケガをする部分が消えて見えなかったりという現象が時々あったが、成長とともにそれらは現れなくなる。しかし、20歳になった時に黄金の矢が天界から飛んでくるという出来事が起こり再度霊感が蘇る。その後、結婚、出産をすることにより霊感は再びなくなるが、子育てが終わる40歳頃より神仏・霊界の夢を多々見ることとなる。ある時、2人の仏様が夢枕に立ち、“霊能力”というものに気付かされた。そこで、日蓮宗の荒行法師のもと修行・教えを受け、3年経過後、主護神様が降霊され、己の生きる道を教えた。その時主護神様が授けた三つの神通力を元に現在、道場を開き鑑定を行っている。

【占術】その他
【主な活動】

月刊誌「ムー」(学研)平成27年3月号(2月9日発売)『霊能者 鈴木照玉の心霊写真館』 そのほか、平成26年2月、平成27年3月、平成28年12月、平成29年5月など多数出演 アネモネ(ビオ・マガジン)平成25年8月号 見えない世界の教えを伝える神霊導師 鈴木照玉さんの活動平成26年4月号 八幡大明神が伝える世界と日本の今年の流れ 東久邇宮文化褒賞数々の人々を救った功績が認められ、平成25年、東久邇宮文化褒賞を受賞 BSTBS『法円坂ホラー研究会』神が降臨するという人に会ってみる! 前編 平成26年1月31日神が降臨するという人に会ってみる! 後編 平成26年2月7日

【先生からのメッセージ】

神霊導師 照玉です。人生は修行といいますが「想い」が強い方ほど大きな試練を受けることになるでしょう。今、大きな「想い」を抱えて居るのなら、其れはあなたに、其れを受け止める力があるからなのですよ。

トップへ戻る