占い師名鑑 > 秋山勉登務(アキヤマツトム)

秋山勉登務(あきやまつとむ)。十代より東洋占術を極めた監修者は日本で始めて政治に占いを活用した聖徳太子に興味を持ち、その後30年以上に渡り聖徳太子の「占法」「予言方法」「根拠」を研究、その結果予言の元になるものは暦と易であることを突き止めました。

【占術】東洋占星術
【主な活動】

【先生からのメッセージ】

現在はありません

トップへ戻る