占い師名鑑 > 丁巖(南勇熙)(テイガンナムヨンヒ)

易術人/命理学者   大韓民国の易術人であり、命理学者。 鑑定歴30年、鑑定人数のべ20万人。(2015年現在) 1960年代から1980年代にかけて大韓民国の易術界を治め伝説となった、3大易術人の一人である霽山・朴宰顯先生の一番弟子。   1983年、霽山先生から命理学の最高境地を師事し、四柱推命の鑑定を開始。 1992年~2002年、毎月10日間東京や大阪など日本への出張鑑命を実施。 2000年、命理学を研究した霽山学会、及び丁巖命理学会の学会長に就任。 2015年現在も、丁巖精舎の運営を担いながら、国内外の政界・財界人数百人の諮問役を務めている。釜山と済州島で命理相談も精力的に実施中。

【占術】四柱推命
【主な活動】

韓国易学界の大動脈となる名実共に韓国国内最高峰の学会として知られている。 命理学をはじめ周易、風水地理などの分野で門外不出の悠久たる学問継承を行っていることで有名。 学術的優位性を広く知られていることはもちろん、レベルの高い命理コンテンツをも供給中。 また命理学に関心のある研究生を指導し、養成も行っている。   ●著書 丁巖命理学会 命理アカデミー教材 <丁巖命理講義論>   ●日本公式サイト 「ikunda」

【先生からのメッセージ】

私は学問に携わる一人の人間として、多くの人に命理学を知ってもらいたいと感じています。命理学は自然界の理念が溶け込んでいる学問であり、あなたの人生に知恵という明かりを灯すことができると期待しています。

トップへ戻る