占い師名鑑 > 櫛昭子(クシショウコ)

東京生まれの東洋占術家。幼いころから霊的なものへの感性がとても強く、「生」「死」「自然」への関心を強く持つ。あるとき、夢の中で金剛陀羅尼(お経の一種)が聞こえ、「人を救うこと」「信念を貫くこと」が天命であると告げられたのをきっかけに命学の研究にのめりこむようになり、50年以上の研究の末、独自の占術である「明鏡五柱推命」「宝珠四柱推命」を編み出した。厳しくも温かい言葉、そして四柱推命を極限まで研究・細分化した「明鏡五柱推命」「宝珠四柱推命」への信頼から、多くの鑑定者がそのもとを訪れ、特にリピーターの数は当代随一とも言っていいほどである。

【占術】宝珠四柱推命、明鏡五柱推命
【主な活動】

【先生からのメッセージ】

こんにちは。櫛昭子と申します。私は長らく、人の運命と自然との関係について四柱推命の観点から研究を続けてきました。ご存じのとおり、人間は悩みとともに生活し、一生を過ごすと言っても過言ではない生き物です。その中で、どうすれば傷ついた心を癒し、また、悩みに対する「答え」をより正確に、より苦しまずに導くことができるのか、それが私の究極の研究テーマです。そして辿りついたのが、この「明鏡五柱推命」です。従来の四柱推命と比べて二倍以上の要素を用いて占うこの占術は、あなたを生み、育ててきた自然と密接にかかわっています。あなたがより生きやすくなる手助けがこの占いでできますように。そう願ってやみません。

トップへ戻る