占い師名鑑 > 諸喜田清子(ショキタキヨコ)

沖縄県出身。琉球王朝時代、王家の繁栄や航海安全、五穀豊穣などを神に祈り、占いを執り行っていた「アムシラレ(※1)」の血を受け継ぐ家系に生まれる。(※1:予言者、女神官のこと)第一子出産後、自身に秘められた霊能力の片鱗に気づく。以降、大自然の原理や占星術をはじめとした各占術の研鑽(けんさん)を積み、未来予知・予言の力を開花させた。これまで30年間で鑑定してきた人数は、経営者、政治家、芸能人、マスコミ関係者を中心に“延べ12万人以上”にものぼり、いつしか“沖縄が生んだグレートマザー”と呼ばれるまでに至る。近年では、芸能人もお忍びで通うカリスマ占い師としても名高く、テレビ出演も多い。

【占術】波動占星術
【主な活動】

【先生からのメッセージ】

現在はありません

トップへ戻る