占い師名鑑 > 佐藤六龍(サトウリクリュウ)

栃木県・那須御用邸内で出生。八十八歳(2014年現在)。二十代から占術を究明し、編集記者十六年を経て、透派五術を学び、日本唯一の「掌門」となりました。五術図書出版の株式会社香草社、五術運命学研究団体の東洋五術運命学協会、中国正式漢方薬局の香草薬局栄仁堂(医薬品製造業・医薬品輸入業)を設立し、現在に至っています。著書には一般五術書二十余冊、専門五術書百余冊など多数著書がございます。

【占術】東洋占い
【主な活動】

「奇門遁甲」は中国の名将・諸葛孔明が創ったものであると伝えられています。百年前までは、その「的中の妙」から、御禁制の学問として秘されており、世に出る事はありませんでした。日本では、直木賞作家ですら「忍術?」と誤解する程、一般化されておらず、扱える占者も少ない秘術の中の秘術なのです。自己の運命を知り、その運を伸ばせる最大にして、唯一無二の学問。それが「奇門遁甲」なのです。本サイトでは「奇門遁甲」「四柱推命」を組み合わせた佐藤六龍・完全オリジナルの秘術 「奇門遁甲推璽占」を用いて、あなたが心に抱いている不安・悩み・葛藤など、今、あなたが求めている「すべての答え」を導き出すことができるでしょう。

【先生からのメッセージ】

「奇門遁甲」は中国の名将・諸葛孔明が創ったものであると伝えられています。自己の運命を知り、その運を伸ばせる最大にして、唯一無二の学問。それが「奇門遁甲」なのです。

トップへ戻る