占い師名鑑 > 鮫島礼子(サメジマレイコ)

北海道出身。生まれつき強力な霊能力を持っていた。幼少の頃は自分の力に無自覚だったが、偶然にも北海道で占いの第一人者である波木星龍氏から「生まれながらの魔術師だ」と見出される。その後、修行により才能を開花させ、札幌市で「クリスタルラピス」を開業。北海道の名占師として知られ「北国の巫女」との異名を持つ。 アイヌのシャーマニズムをはじめ、東洋・西洋の様々な占術に造詣が深い。また、テレビ・ラジオ・雑誌・WEBで執筆経験があり、著作は100冊を超え海外でも発売されている。タイ・エジプト・フィリピンの雑誌で連載を経験しており、「日本を代表する占い師」として世界的に注目を集めている。

【占術】その他
【主な活動】

【先生からのメッセージ】

人は誰でも心の中に“いくつもの部屋”を持っています。「過去の哀しみ」を封じ込めた部屋には、つらく、さみしい想い出がいっぱい。そこを覗いてばかりいてはいけません。「夢と希望」を託してある部屋には、輝かしい未来の姿がほほ笑んでいます。その扉を開いて、未来への第一歩を踏み出しましょう。どんなに迷っても、どんなに悩んでも、私が傍にいるから大丈夫。あなたの“転ばぬ先の杖”として、神に捧げる祈りと共に、そっと陰からあなたを守ってあげたいのです。ひとりの夜、傷ついた夜、愛されたい夜……私の扉をノックして。シャーマンだけが身に付けた“愛の魔法”を施して、生まれ変わらせてあげるから。信じて。そして、目を閉じて!

トップへ戻る