占い師名鑑 > 天道春樹(テンドウハルキ)

高知県高知市大津に生まれ。16歳で運命学に出会い、専門書を取り寄せて研究を始め、東京の中村文聡先生の紹介で、八木喜三朗先生の「観相発秘録」の通信講座を受け、19歳で大阪の「八木観相塾」の末席を汚す。以来、運命鑑定と研究を重ねて現在に至る。TV番組「愛のお悩み解決!シアワセ結婚相談所」(日テレ)でスゴ腕結婚相談員としても大活躍され、雑誌「恋運暦」のレギュラーコーナーやその他書籍出版や講演、ラジオ出演など、各メディアでも多数の実績を持ち、占術界の権威と称されている。また、高知県、高知市帯屋町の街頭での運命鑑定、自宅での予約鑑定、出張鑑定にも応じている。

【占術】東洋占い
【主な活動】

普段は高知に在住しているが、要望があれば全国各地で随時、「天道観相塾」を主催して人相術の普及に努めている。人相見として日本でもトップクラスの経験と実力を持っているためプロの占い師が参加されることも多く、普通の人相講座では習えない、画相、気色、血色の見方なども丁寧に教えています。人相を見れば、過去の恋愛、相手の顔形、今の相手の気持なども、自分の人相から読み取ることができるのです。

【先生からのメッセージ】

占いや運命学というものは人間が考え出したものだから百発百中ではない。じゃが占いが出鱈目という訳でもない。時々は自分というものを客観的に観察するにはエエことだと思うがのう。何事も備えあれば憂いなしじゃ。

トップへ戻る