占い師名鑑 > 朝日美天(アサヒミハル)

老舗原宿占い館塔里木(タリム)にて占術家や経営者などその業界のプロと呼ばれる方々からの支持の多い対面鑑定師。学術的かつ実践的なアプローチ、理解に至る論理的な説明に定評がある。しかしながら、彼女の鑑定ポリシーは、人には心があり「心」には、自らの運命をよりよいものとする偉大な力、創造的かつ霊的な力がある、と優しく語りかけます。推命学を介し進撃に運命に向き合うことで、「心」は強くなり、生まれながらの先天運さえも次第に良くなり、「より健康な心の力」を誰もがもっているのだ、と寄り添い伝え謙虚にお客様おひとりおひとりに向き合い、「健康的な心」の育成に取り組んでいる。

【占術】四柱推命
【主な活動】

日本最古かつ最大級 原宿占い館 塔里木(タリム) 所属鑑定師  【鑑定歴】 18年(2014年現在) 近代四柱推命の開祖、阿部泰山氏の高弟見上槐山氏が四柱推命の学問を広く教え導くため大阪に開かれた三命学会で研鑚された小磯晃伯氏に師事。 中国の良書「造化元鑰(ぞうかげんやく)」や、「八字提要」、また、推命研究家にとっては垂涎の三命学会の研究資料を用いて、師の存命中長年にわたり講義や実践鑑定の指導を受けている、数少ない鑑定師。 師小磯晃伯氏が残した“推命学”を後世の研究家に託すべく、活動をおこなっている。  ▼ 保有資格 群馬三命学会認定鑑定士(平成8年)

【先生からのメッセージ】

萬葉推心占を介することで、私たちに宿る五感を超える力はより強力になり、幸運を呼び込むことでしょう。  その力を活性化させて、未知の世界を選択しましょう。  明日の運命をよりよくするために……。

トップへ戻る