占い師名鑑 > 木村藤子(キムラフジコ)

1947年、青森県生まれ。地元で有名な霊能者だった母親のもとで育つ。30代のとき神の声を聞き、霊視・透視能力を授かる。以来、日々多くの人の悩みを救っている。全国的にその名が知れわたり“青森の神様”、“ヘビの神様”といわれるきっかけになったのが、1990年の「ヘビ騒動」。地元で行方不明になったニシキヘビが現れる場所、時間を透視によっていい当てた。著書に『幸せの絆』、『幸せの風が吹いてくる』(主婦と生活社)などがあり、いずれもベストセラーとなる。

【占術】その他
【主な活動】

【先生からのメッセージ】

現在はありません

トップへ戻る