占い師名鑑 > 生沼佑象(オイヌマユウショウ)

易道泰山学会会長でアカデミー賞・リンカーン平和賞を受賞された「泰山学士」を父に持つ易道占教師。二十歳の頃より勉強をはじめ二十七歳で易道観象派直門となり易道占教師の認定をうける。その他、門外の学術である中国占星術、西洋占星術、タロットカード等を体得。泰山学院副院長を務めながら、後進の指導にあたっている。占術の指導内容は、気学、易学、姓名学、手相、人相、タロット、四柱推命。鑑定テーマとしては定年後の生き方、運命学から見る子供の才能と教育、未来の判断法、相性と人間関係など、丁寧で奥深いその講義を求め、既にプロとなって活躍している占い師も学びに訪れたり、十年、十五年もの間、通い続けている受講者も多い。

【占術】東洋占い
【主な活動】

泰山学院副院長を務めながら、後進の指導にあたっている。占術の指導内容は、気学、易学、姓名学、手相、人相、タロット、四柱推命。鑑定テーマとしては定年後の生き方、運命学から見る子供の才能と教育、未来の判断法、相性と人間関係など、丁寧で奥深いその講義を求め、既にプロとなって活躍している占い師も学びに訪れたり、十年、十五年もの間、通い続けている受講者も多い。

【先生からのメッセージ】

何よりも大切なのは「本当の自分を何処まで理解できているか」です。自身の魅力や欠点を理解できていなければ、どんな鑑定を受けても何も積みあがっていきません。まず己を知ること。それが幸せへの第一歩です。

トップへ戻る