占い師名鑑 > 熊崎健翁(クマサキ ケンオウ)

明治14年(1881年)5月5日、岐阜県恵那郡に生まれる。明治・大正時代は新聞界で活躍。大阪新報などを経て時事新報(福澤諭吉創始)で要職を歴任。新聞記者時代に易学と出会い、その研究を深め奥義を極める。さらに運命学の研究を進め、熊崎式姓名鑑定を創案する。昭和3年(1928年)に「五聖閣」を設立。

【占術】姓名判断
【主な活動】

【先生からのメッセージ】

監修は姓名学の開祖・熊崎健翁「五聖閣」 血脈口伝の奥義による鑑定は市井(しせい)の姓名鑑定とは一線を画し、政財界や文壇の名士に長年親しまれてきました。最多を誇る実績データに基づく鑑定の信頼性は多くの顧客著名人の成功を語るまでもありません。本サイトでは宗家の本格性と個別鑑定の深さを忠実に再現。多彩なメニューと本格的なアドバイスを日常のさまざまな場面でお役立てください。

トップへ戻る