占い師名鑑 > 横田淑惠(ヨコタヨシエ)

「銀座の母」として知られる横田淑惠ですが、その人生は決して順風満帆なものではなく、むしろ、二度の結婚生活がともに夫の借金が原因で破れるなど苦悩に満ちたものでした。けれども、彼女はこうした苦労を「してよかった」と話します。それは、「苦労したからこそ、占い師という職業にめぐりあえた」からであり、「絶望を知り、そこからはい上がった自分だからこそ、一人でも多くの人を救えるはずだ」と考えるから。深い愛情に裏打ちされたその鑑定は、今日も銀座の街で人々を癒し、もう一度前を向いて歩き出す勇気を与えるのです。

【占術】四柱推命,手相,姓名判断
【主な活動】

【先生からのメッセージ】

運命ってね、生まれたときからその人を導くだけあって、それは強い力なのよ。でも、その分やっぱり、悪い運命にとらわれてしまうと、どうしてもよくない方向に引っ張られてしまう。そうなったらもう、なかなか抜け出せないものなのよ。でもね、私のところに来たからにはもうだいじょうぶ! だって問題は、どんな運命に引っ張られてるかわからずに右往左往してること。だから、今あなたがどんな運命を生きてるのか、いいのか、悪いのか、どうすればよくできるのか、全部教えてあげる。心配はいらないわ。私はあなたのもう一人の「お母さん」。すべて任せればいいのよ。

トップへ戻る