占い師名鑑 > 孔雀王修岳(クジャクオウシュウガク)

19歳の頃より奇門遁甲、風水、四柱推命などの運命学を学び、さらに東洋医学、哲学、心理学などの分野についても研鑽を重ねる。数々の修行・荒行を経て、究極の荒行として知られる千日回峰行で開眼。日本古来の山岳信仰に、神道や外来思想の仏教・道教などが混合して成立したとされている修験道・空海密教の大行満・大阿闍梨でもある。以降、現代科学の最新データを基に、脳科学や心理学と奇門遁甲などの運命学を統合した独自の理論体系「ラックマネージメント(R)」を駆使し、上場会社をはじめとする様々な会社の経営者や複数の国会議員、さらには一流スポーツ選手やアーティストを数多く指導。その実績から“現代の空海”の呼び声も高い。

【占術】東洋占い
【主な活動】

【先生からのメッセージ】

『運』とは、目に見えないエネルギーが、現実の世界に現れたひとつの結果、現象なのだということを理解すれば、いつも幸運を手にして生きていくこともできるのです。古代中国の占術の中には、その運を自分の手で切り開き、積極的に変えていく理論体系と技術を手にした「軍師」という人たちがいました。彼らは、その時々の王に仕え、戦を闘い、世の中を平和に治めるためにその秘術を使ってきました。『空海密教迎運術』は、弘法大師・空海が遠く唐の都から日本に持ち帰った密教秘術を今の世の中に蘇らせた占術と、『奇門遁甲』という技術を合わせ、あなた自身が自らの手で『運』を呼び寄せることを目的にしています。

トップへ戻る