占い師名鑑 > 小田原せい(オダワラセイ)

1946年、福岡県太宰府市生まれ。18才で芸能界デビューしたものの、声帯を痛めて引退。六本木のスナックママとして活躍するが、その後、訳あって無一文に。波乱万丈の人生を歩む中、持って生まれた霊力を使って占いの真似事を始めたところ、瞬く間に「的中する」というクチコミが広がり、連日連夜行列に。本格的に占いの勉強をはじめ、絶え間ない研究の末、ついに彼女独自の「占霊術」を編み出す。 90年代にはマスコミにこぞって取り上げられ、新聞・TV・ラジオに留まらず、様々な講演会でも引っ張りだこに。しかし、ある時を境に自ら身を潜め、現在は新橋に居酒屋をかまえ、お客の一人一人と親身に接する占いママとして活躍中。

【占術】東洋占い
【主な活動】

【先生からのメッセージ】

占い師になってから随分と時が経ち、いろんな人との出逢い、いろんな問題と良いこと、悪いこと、自分の身に起こったことも一つや二つではありませんでしたが、今日、こうして生きていられるだけ幸せだと思っています。 占いとは、人生の水先案内人です。良いことばかりあるわけないし、悪いことばかりあるわけないし、一緒に話しましょう。解決策はあるもの。一人で考えるな、自分の中に閉じこもるな、話してみよう。なるようになるけん。 今後の人生、泣いて悔む一生より、 笑って楽しい一生の方が幸せでしょう! 何かあったら、おばちゃんに言ってきんしゃい! 道は開かれるけん、がんばりんしゃい! 小田原 せい

トップへ戻る