占い師名鑑 > 清野 芝香(セイノ シコウ)

対面鑑定歴35年、のべ100万人を導いた「渋谷道玄坂の母」。戦後、若くして算命学宗家、故高尾義政氏に見出され、入門・師事、算命学と占技を極める。高尾義政氏の勧めにより独立、渋谷にて「中國占星術」鑑定を始める。その昔は円山街と呼ばれた道玄坂近くで多くの芸妓たちの悩みを聞き、助言を与えてきた。現在も著名人に多くの信奉者を持ち、渋谷の街では"大いなる母""偉大なる母"として崇められている。その直截な予測、卓越した的中率には定評があり、怖いくらい当たる上に真実をズバリと告げるため泣きながら鑑定室を飛び出す顧客も多数。だが、それでも不思議とまた戻ってきたくなる場所がここ— 清野芝香の鑑定室なのだ。

【占術】中國算命学
【主な活動】

著書:「算命学から見る 戦後日本「民主主義の不都合」」(幻冬舎ルネッサンス/2008年)。「中国算命学近未来大予測— 幸運の「星」をどうつかむか」(評言社/1999年)

【先生からのメッセージ】

清野流中國占星術の基本的な開運法として「宿命に沿って生きる」ということをアドバイスさせていただくのですが、これは「その人の星の下にありのままに生きなさい、そうすれば運命は自然に開けていく」ということなのです。しかし、これは大変難しいことです。本来、あなたの「ありのままの姿」はあなた自身がよく知っています。様々な要因によって自分を曲げざるを得ないことが多々あるのです。例えば見栄を張る、世間体を気にする、天中殺中の不幸な出来事に参ってしまう……それでは運命をうまく開いていくことはできません。恋愛・結婚・仕事などで、辛いことやうまくいかないことがあれば私に教えてください。あなたに現れる星図の星から「ありのままのあなた」を素早く見つけ出し、いかにすれば幸運をつかむことができるのか、そして悪い時期を乗り越えていけるのか。また宿命をいかにして味方につけるかを明解に的確にお伝えいたします。

トップへ戻る