占い師名鑑 > 豊嶋泰國(トヨシマヤスクニ)

北海道函館生まれ。フランス文学、宗教思想、民俗学などを学ぶ。新聞社、出版社勤務を経て、作家、宗教思想家として活躍する。パワースポットや霊符、呪術、古神道占い研究の第一人者でもあり、卓越した知識と長年の鑑定実績をもとに多くのお客様の救済に努め、信頼を得ている。主な著作に『秘伝 陰陽道占いの法 』『安倍晴明読本』『日本呪術全書』『憑物呪法全書』(以上原書房)などがある。仏教雑誌『大法輪』『寺門興隆』などにも執筆している。

【占術】密教数霊法
【主な活動】

【先生からのメッセージ】

占いは生きる上での指針、あるいはガイドのようなものです。鑑定結果に現れた神意を読み解く事によって、未来はもちろん、現在や過去の状態を知る事ができるのです。また、吉か凶か、成功するかしないか、幸運か不運かなどを知る事も可能です。たとえ凶や不運が出たとしても、それが絶対という事はありません。むしろ凶運も生かし方次第では吉運へと転ずるからです。誰しもが未来について不安に思うものです。しかし、心配には及びません。密教と数霊の神秘的かつ確かな原理に基づいた鑑定は、あなたが取るべき最良の道を照らし出してくれるはずです。ぜひこの占いを活用して幸福な人生を歩んで下さい。あなたが幸せになる事を願っております。

トップへ戻る