占い師名鑑 > 錢天牛(センテンギュウ)

阪神・淡路大震災を予言したことでも有名な占星術師「故 錢天牛」を父に持ち、その後を継いで占い師になる。自身も父から受け継いだ秘伝の「マンデン占星術」の研究を重ね、雑誌への執筆や対面鑑定など精力的に活動、個人の生誕時における日、月、その他の惑星の位置を図で示したホロスコープを使い、独自の解釈で性格・仕事などその人自身の宿命を全て見抜く。

【占術】西洋占星術 その他の占術 直接鑑定
【主な活動】

【先生からのメッセージ】

西洋占星術やそのほかの占いは、基本的には「未来を予測するための手段」として考えられています。古代においては、それは自然災害を導き、予言する手段として捉えられていました。つまり古代の人にとっては生きていく手段だったのです。そのことからもいかに占星術が重要な立ち位置を占め、大事なものなのかが伺えます。訪れる事象は予測できますが、それをどう捉えるかは人次第です。その考え次第で、あなたの未来はプラスにもマイナスにもなります。これからあなたに起こることのひとつひとつを捉え、良い事も悪い事も、前向きに捉えることで人生はずっと素晴らしいものへと変化していきます。今からそのすべてを証明して差し上げましょう。

【住所】
東京都世田谷区代沢1-14-10
【連絡先】
http://members3.jcom.home.ne.jp/senn-jr-bass/
トップへ戻る