占い師名鑑 > 池田宗潤(イケダソウジュン)

昭和12年(1937年)7月27日生まれ、北海道札幌市出身。中学の時に上京し、茶道や華道を学ぶ。その後、友人に誘われたのがきっかけで手相を始める。そして、34歳の時から「大鳳占やかた」のオーナーである山縣由布(やまがたゆふ)先生に算命学を約7年間かけてじっくりと、丁寧に学び、その後は算命学と手相で悩めるお客様に丁寧な鑑定をおこなっている。 「わかるまで何度でも説明する丁寧な鑑定」がお客様の心をとらえ、今では「大鳳占やかた」随一のリピート率を誇っており、日々大勢のお客様が鑑定に訪れている。

【占術】その他の占術 風水・手相 直接鑑定
【主な活動】

【先生からのメッセージ】

誰しもが本来個性にあった生きるべき姿を知り、自分らしく生活していくことが一番の喜びとなるのです。ただ残念な事に執念によってその道から人は外れてしまう時があります。占いとは過去の経緯によって導かれた現在の在り方を解明し、そして本来のあなたの生きるべき道に戻すのが役目です。なぜなら自分にあった生き方こそが無理の無い、そして周囲との関係にも最も自然と言えるものだからです。たとえそれが犠牲であろうとも、孤独であったとしても、そこには意味があり、必ず光へと導くため、世の来世に繋げていくための大役と言えるのです。

池田宗潤のコンテンツ一覧

トップへ戻る