占い師名鑑 > チャルマ・ヴィシュ蘭(チャルマヴィシュラン)

8歳のときに占星術と出会い、以後しばらくは独学で研究を続ける。2000年、インド占星術やヴェーダ思想と出会い、複数の指導者らと交流、研鑽に励む。現在はジョーティシュ(インド占星術)関係のコンテンツ執筆や占星術計算プログラム開発サポート、個人鑑定、ジョーティシュ講座の講師などの活動を行い多岐にわたり活躍を続けている。

【占術】その他
【主な活動】

・ジョーティシュ(インド占星術)関係のコンテンツ執筆   ・占星術計算プログラム開発サポート   ・個人鑑定、ジョーティシュ講座の講師

【先生からのメッセージ】

この鑑定法のベースは、良いことも悪いことも平等に意味のある出来事だという点にあります。ヒンドゥ星算術は単に当てるだけのものではなく、事象と結果の因果関係を紐解き、より良く生きるためのツールなのです。

トップへ戻る