占い師名鑑 > 金高慎一郎(カネタカシンイチロウ)

初代・金高慎一郎は、昭和初期に夭折した不世出の姓名数理研究家であり、優れた舞台脚本家でもあった。生前中に私家版である「金高慎一郎・姓名学事典」をまとめたが、原書は戦火のために大部分が焼失し、彼の存在とともに忘却の彼方へと消え去ってしまった。しかし、長い歳月を経て現在の二代目・金高慎一郎が原書を発見。金高式姓名学の再確立と、原書復刻のために研究を再開した。鋭くもヒューマンな鑑定には定評があり、政界人や財界人にも多くの信奉者を持つ。

【占術】姓名判断
【主な活動】

【先生からのメッセージ】

現在はありません

トップへ戻る