占い師名鑑 > 岡庭 加奈(オカニワ カナ)

13才の時、アストロロジーに関心を抱き、研究を開始。1983年から研究ツールの自主開発を始め、現在はパソコン用占いソフトウェアの開発も行っている。天文位置計算と天球投影法の基本原理を理解し、専用ソフトウェアをプログラム開発できるという、女性では世界唯一の占星術研究家。日本人におけるアラビックパーツ占星術研究の第一人者。

【占術】西洋占星術/タロット
【主な活動】

著書を発表する傍ら、占星術ソフトMIIBOAT-Tool(ミィーボートツール)を開発・発売し、パソコンがなければ計算が不可能と言われるアラビックパーツの専門的な技法を組み込んで発表し、その普及啓発に取り組んできました。インターネットや携帯の占いでは、アラビックパーツを応用した相性判断や未来予知の手法を公開しています。
MIIBOAT-Tool(ミィーボートツール)は、『岡庭加奈のパソコンソフト占星学』(MIIBOAT Books、4830円)として全国書店にて販売しています。アラビックパーツやサビアンシンボルを研究してみたい方には、お勧めです。

【先生からのメッセージ】

運命の神秘についていろいろな考え方があるでしょうが、わたしは、人の一生にはあらかじめ定められた「サイクル」があると考えています。ですから、いい時もあれば悪い時もあり、それは仕方のないことだと思っています。逆境の時には被害を最小限におさえ、好機が来たときはそれを最大限に生かす。こんな感じです。
最近は「勝ち組・負け組み」というような言葉がはやったりして、なにかと若い人をあせらせるような風潮があります。しかし、あせってはいけません。長く準備したものほど、得られる成功の成果は大きいのです。チャンスがいつ来るか、準備期間・蓄積期間はいつなのか、この「サイクル」を知ることが、私の占いです。

トップへ戻る