占い師名鑑 > 秋山香扇(アキヤマコウセン)

1948年、東京生まれ。学生時代、フィットネスヨガセラピールームでのアルバイトをきっかけに自然治療力に興味を持ち、東洋思想を学ぶ。その後算命学に出会い、運命学の世界に。みかど学院にて伊藤行斎により手相を、算命学を山縣由布に学ぶ。他にもタロット、手相にも定評があり、長年の経験と知識が多くの人の心をとらえる。

【占術】算命学、タロット、手相
【主な活動】

【先生からのメッセージ】

人は自分の性格と異なる運命とは出会えません。誕生日からの星を見ることにより、この人はこういう局面ではこういう動きをし、こういう決断を下すだろうという予測ができます。また、自分自身をよく知ることで絡まった糸も、ひとつひとつほどいていくことも出来ます。運命は自分の手でより幸せな方向へと変えていけます。その持って生まれたものを読み取り、どう生かしていったら良いのか、絡まってしまった糸はどうすればいいのかをアドバイスさせて頂きます。そしてあなたも「何故そうなるのか」、星のメッセージにきづかされることでしょう。

秋山香扇のコンテンツ一覧

トップへ戻る