占い師名鑑 > 青木豊泉(アオキホウセン)

福岡県生まれ。手相好きだった祖父の影響を受け、幼い頃から占いに親しむ。
中学生の頃から独学でタロットカードを始め、恋愛適齢期に自分の恋愛問題を数人の占い師に占ってもらったことをきっかけに占いの技術を更に高める決意をする。
社会人として会社の業務をこなす傍ら、本格的に西洋占星術、タロットカードを学ぶ。また、時を同じくして玄学舎を主宰する大石眞行先生に師事し、東洋占術(周易、四柱推命、九星気学、相術等)を学び、命ト方相の広い分野の占いを習得。
日々研鑚を積みながら現在に至る。

【占術】東洋占星術
【主な活動】

【先生からのメッセージ】

こんにちは。青木豊泉です。
私は「占い」とは相談者に色々な選択肢を提示するための「道具」であり、占い師はそのメッセージを相談者に分かりやすく伝えるための「翻訳者」でありたいと考えています。
トラブルをかかえて自分の心が、ふと気弱になった時や、自信をなくしてしまった時にこそ、どうぞ占いを上手に使ってその波を乗り越えるキッカケを手に入れてください。
何かを始めたり、終わらせたいと思う時にも、占いを有効に使って「そのタイミング」を手にいれてください。時期の目安が事前にわかれば不安が軽減されたり具体的な準備もできるはず。
あなたが納得のいく答えを手に入れることができるよう、お手伝いをさせて頂きます。

トップへ戻る